税金の見直しは必要?

会社で利益が出るとその分の税金が掛かります。税金が高いなと感じたら見直しを行い節税対策を行うと税金の払い過ぎを防ぐ事ができます。そこで節税に関する疑問を集めてみました。

節税対策に対する質問

節税対策をするとどんなメリットがあるの?

節税対策をすると国に払う税金の額を抑える事ができます。税金の額を抑える事で会社で使用する経費に充てる事ができます。

節税対策にはどんな方法がありますか?

保険を利用して節税対策をする方法があります。返戻率が高い定期保険があるので、そういったものに目を向けてみるといいです。

会社が赤字になった時に税金を払えるか心配です

会社で出した損金が会社の経営が苦しくなった時に使えるお金として戻ってくる保険があります。保険を利用すると効率よく節税する事ができます。

法人の所得金額とは

相談

法人税は法人の所得金額に対して一定の税率を乗じて計算します。法人の所得金額とは会計上の利益金額に一定の税法などの規定による調整をした金額です。ですから、法人税の節税には会計上の利益を減らす方法と税法独自の規定を適用する方法の二種類が考えられます。

会計上の利益を減らす方法

男女

会計上の利益を減らす方法は、収入を減らす方法と経費を多くする方法が考えられますが、税法の規定に従わない限り節税でなく脱税になってしまいますので細心の注意が必要です。収入を減らす方法の多くは脱税と認定される場合がほとんどです。ですから、経費で合法的に節税する方法が利用される場合が多いようです。具体的な方法は、例えば、従業員への決算賞与などが考えられます。それ以外の方法になると、法人税法が関係してくるので注意が必要です。

税法に係る所得金額の圧縮

会計上の利益を少なくしても、それが法人税法に抵触して所得金額の節税にならない場合があります。例えば、役員に対する賞与は会計上経費となりますが、所得金額を減少させません。これは、法人税法で役員賞与は所得金額を減少させないと規定されているからです。同じように、保険金の支払いも法人税法では必ずしも全て所得金額を減少させず、一部を資産経理しなければなりません。資産を取得したときも同様です。税法では減価償却の方法が定められていますし、措置法という特別法で特別償却ができる場合があります。

所得金額を減少させる

このように、法人税の節税は、まず会計上の利益を税法に抵触しないよう合法的に減らす方法と税法独自の規定を利用する方法があります。期末近くに資産を取得しても、減価償却費を計算して、その月数しか経費にできませんが、特別償却の規定に該当すれば、取得金額の一定の割合を減価償却費に計上することができますので、節税方法としては一般的です。また、一定の法人が選択すれば30万円未満の減価償却資産が一括で償却できますので、期末近くに30万円未満の減価償却資産を取得する節税方法もあります。このように、税法の規定を良く理解したうえで、利益または所得金額を減少させることが大切です。